プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

2017年09月

ご覧ください
つやつやの茄子
この光るようにツヤツヤしている茄子(なす)
なかなかの収穫量になりそうな予感です

なかでも大きな実を本日収穫
ツヤツヤの茄子
手にとると、ずっしり重みがあります。
家庭菜園をしていると、
ツヤがないものができることもありますが、
ちょっとしたコツがあるのです。

ツヤツヤの茄子(なす)の育て方。
それは・・・

①水をたっぷり与える
②元肥と追肥で栄養補給する
たったそれだけです

ツヤはあるのに・・・
茄子のおしり
おしりにキズがあるものがありました
アザミウマ
・チャノホコリダニ
など、色々な可能性が考えられます。
こちらも摘果してしまいましょう。

こんな模様の虫を見つけたら・・・
テントウムシダマシ
テントウムシダマシです。
益虫のてんとう虫に似ていますが、こちらは害虫。
よく茄子(なす)も食害するのでご注意を!
階段状にかじるので、今回は違う“犯人”のようですね。

茄子(なす)は“肥料食い”と呼ばれるほど、
肥料をたっぷり必要とする野菜の1つ。
野菜の肥料の裏面
リッチベジタブル 野菜の肥料 粒剤』を、
1株につき15g、月1回のペースで追肥します。

フタが計量カップになっていて・・・
計量ラクラク
手も汚れません!
株の周りにパラパラとまき、水やりをしました。

そろそろ大葉(しそ)も終わりなので・・・
収穫野菜
収穫して、久しぶりにお料理(所要時間3分)

【作り方】
▼茄子(なす)を一口サイズに切って、塩もみ。
▼大葉はみじん切り。実もとって、あえます。
▼昆布つゆ、酢でさらにもんで、完成!

大葉の香り豊かなさっぱりした浅漬け。
茄子と大葉の浅漬け
茄子は低カロリーなので、
ダイエットにもぴったりです

うどんこ病に掛った人参(にんじん)は・・・
うどんこ病改善
やさお酢』の効果ですっかり元気に!
本日は金曜日。
土日はお世話できないので、予防的にスプレー!
退治と予防、両方に使えるので本当に便利です

本日片付けをしていたら、
うにょうにょと動く、気持ち悪い虫を発見・・・

閲覧注意!

(苦手な方はここでブログを閉じてください…)

これくらいなら・・・
小さいまいまい
可愛らしいんですけどね

まるまると太った・・・
太ったなめくじ
ナメクジがいたんです。
6~7㎝くらいでしょうか?結構、大きくなっていました。

特に4~6月に多く発生し、
真夏にいったん落ち着き、また9~10月増えます。

昼間は潜んでいて見つけづらく、
夜になると活発に活動するので、
この時期、ナメクジとヨトウムシには注意したいです。

それでは良い週末を~

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

バラと言えば、ガーデニングで人気の花。
育てている方も多いのでは?
肥料をあげているので花もたくさんつきますが・・・
バラの株元の雑草
株元の雑草もすごい勢いで成長してしまいます
「バンカープランツ」といって、害虫の天敵を集めるため、
戦略的におとりとして植物を育てる方もいらっしゃいます。
(私の場合は雑草を放置していただけ…

結論、雑草はもちろん駆除したほうが良いです。
放置した雑草のカタバミが・・・
カタバミのハダニ
ハダニにやられてしまいました。
そして、そのハダニバラの葉へ移動。
バットスパイラルです。

元気がなくなった葉は・・・
チュウレンジハバチの幼虫
食害されてボロボロに・・・。
まだ小さいですが、おそらくチュウレンジハバチ
身体の割にたくさん葉を食べます。
スターガードプラスAL』をスプレーするのがおすすめ。
初期段階で駆除すると被害も最小限に。

雑草はこまめに除去しましょう。
キレイに取り除きました
キレイにしていると病害虫の被害も拡大しにくいです。

花がら摘みも忘れずに。
バラの花がら摘み
トゲが刺さると痛いので、ゴム手袋を装着。
薬剤散布のときにも使うようにしましょう。

収穫も終盤に差し掛かっている大葉(しそ)には・・・
ベニフキノメイガ×大葉
ベニフキノメイガと思われる害虫が!
こちらも初期段階で発見できました。

続いて、ラディッシュを間引き
ラディッシュ根元を押さえる
元気なほうの株を残し、
抜くほうの株元を指で支えながら抜きます。

その後・・・
土寄せ
残したほうは、土寄せしてあげましょう。
根の露出と、株が倒れてしまうのを防ぎます。

作業をしていると・・・
久しぶりの害虫
またまた虫に出遭いました…。
ムカデの赤ちゃんでしょうか?
9Fの屋上にどうして発生するのか、不思議。
でも実は結構でます

秋もよく害虫に遭遇してしまいますが、
こまめにお世話して、
元気な作物を育てていきたいですね

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

急速に悪化した人参(にんじん)の「うどんこ病」。
うどんこ病×にんじん
うどん粉を振りかけたような白色のカビが、
葉の表面に広がっています。
裏返してみると、葉裏も白くなっていました。

間引きの量が少なく、
風通しが悪くなってしまったせいかもしれません。
反省…

まずは、被害の大きな葉を取り除きましょう。
やさお酢
その後、『やさお酢』をスプレー。
葉の表と裏にたっぷり掛けます。

ひどい場合は下葉から黄色くなって、
枯れてしまうことも…。
早い時期の対処が大切ですね。

そして本日も・・・
葉裏にスプレーしやすいボトル
茄子(なす)の葉裏に『やさお酢』を定期散布!
ハダニが激減しても続けています

逆さまにしてもかけやすいボトルも魅力
パッケージの裏側には適用作物の例が記載されていますが、
あらゆる植物にいつでも利用できて、とても便利です。

茄子(なす)の1番果。
茄子そろそろ摘果しようかな
長さが10cm以内のうちに若取りして、
株の成長を促しましょう。
果実を傷つけないように注意して収穫してください。

あれ?
茄子(なす)の後ろのニラの色が変ですね…

近寄ってみると・・・
ニラ病気
サビ病にかかっているようですね・・・

原因は、肥料の与えすぎか肥料不足、
日照不足や風通しが悪いことなどが考えられます。
今回はおそらく風通しが悪いせいでしょう。
病気にかかっている葉をカットして、
風通しを良くしたいと思います。

順調だと思っていた芽キャベツの苗も・・・
芽キャベツ
よく見ると、下のほうの葉に小さな穴が!!

拡大してみると・・・
食べあと
食害されているようです
穴にみえますが、薄く葉が残っています。
器用に食べる虫が“犯人”のようですね。

食べあとから推察するに、
アブラナ科の葉ばかりを好んで食害する、
「キスジノミハムシ」の仕業かもしれませんね。

成虫は光を嫌うので、
シルバーマルチかアルミホイルを敷いてみようかな?

春夏に比べると害虫は少なめですが、
秋口もしっかり害虫対策していこうと思います

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

めずらしい野菜を会社の屋上で栽培中。
めずらしい野菜シリーズ間引き
左から・・・

ボルシチに欠かせない赤紫色の野菜、
「ビーツ(デトロイト・ダークレッド)」。

ヨーロッパではポピュラーな野菜で、
真っ黒の皮が特徴の「黒長大根」。

球状に肥大した茎を食用する、
「コールラビ(グランドデューク)」。

※奥で育てているのは大葉(しそ)です。

リッチベジタブル 水でふくらむ野菜の土』を
使用して育てていますが、発芽率が良好!
発芽率高すぎる
ココヤシ原料なので、とってもふかふか!
初心者にも失敗が少ないですよ。

発芽率が良く、1ヶ所からたくさん発芽したので・・・
間引き野菜
1回目の間引きを実施しました!
1ヶ所から2~3つに減らし、
最終的には1ヶ所1つにしたいと思います。
丈夫そうな芽を残してくださいね。

温州みかんの葉が黄色くなってきました。
マグネシウム欠乏による黄化葉でしょうか・・・。
温州ミカンの葉の黄化マグネシウム不足?
野菜の肥料の吸収を高めるスプレー』を散布!
果樹にも使用でき、スプレーするだけでカンタンです。

葉緑素(クロロフィル)のもとであるALAで
光合成が活発になり、肥料の吸収を促進します。

柑橘類はアゲハ類の大好物。
温州ミカン×アゲハの幼虫
もう少し成長しないと特定は難しいですが、
ナミアゲハでしょうか?
まるまると太ってきています。

この他にも・・・
ブラックベリー×イモムシ
ブラックベリーの葉には、
まだ小さく細いイモムシが・・・

初期段階で発見すると、
被害も少なくてすみますね。

そして、最近見かけなかった、グンバイムシ類
グンバイムシ×バラ
翅をたたむと軍配のような形をしているのが特徴。
見た目は可愛らしくもありますが、
立派な害虫で、生育不良の原因になります。

バラに寄生するのはめずらしい気がしますが、
色と模様から推察するに、プラタナスグンバイ?

葉裏に寄生し、細長い口で吸汁しますが、
本日は葉の表側にいました。

グンバイの被害
葉表は、葉緑素が抜けて白くカスリ状に見え、
葉裏は、排泄物による斑点状の黒い汚れが付着。

早い段階で防除することが大切なので、
こまめに葉裏をチェックしたいですね

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

8月30日に茄子(なす)の苗を植えて、
1ヵ月半以上が経過しました!
苗が傾いてきたので、支柱立てをしました
茄子の支柱立て
所要時間3分程度でカンタン!
茄子(なす)の支柱立てのやり方
1つのプランターに2株育てているので、
縦の支柱を2本、横の支柱を1本、
合計3本用意しました。


苗から10cmほど離した位置に支柱を差します。
※2株で育てる場合は株間を50cm程度あけましょう。


既に立てた縦の支柱と横の支柱1本を交差させ、
交差した部分をテープやヒモなどで固定!
saibai_img_001

たったこれだけで支柱立てが完了です!

やさお酢』の定期的な散布も継続中。
やさお酢散布
茄子(なす)は、ハダニの他にも
アブラムシうどんこ病の被害が心配ですが、
いまのところ被害が出ていません!
やさお酢』は予防もできるので使いやすいです

100%食品成分なので・・・
大きくなってきた茄子
葉だけでなく、花や果実に掛っても大丈夫!
使用回数制限もないので便利です。

少しずつ大きくなってきました。
茄子の成長
1番果の収穫は、
長さが10cm以内のうちに若取りして、
株の成長を促すようにしましょう。
まだ5㎝ほどなのでもう少し待ちます。

わき芽は取り除いた後もどんどん生えてきます。
根元の葉をカット
主枝だけではなく、側枝からも生えてくるので、
必要以上に側枝を伸ばすと栄養が分散して、
収穫できる実が減ってしまいます。
そのため、こまめに取り除きましょう。

最後に、久しぶりの追肥
オールスターエキヒ
計量がカンタンな『オールスターエキヒ 液体肥料』。
植物の三大栄養素であるチッ素、リン酸、カリが、
バランス良く(N:P:K=6:12:5)配合されています。
茄子(なす)には10日に1回程度与えるのがおすすめです。
本日は果樹類にも散布しました。

暑さも落ち着き、天気も良く、
ガーデニングには良い気候となってきましたね

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ