プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

2017年01月

秋植えキャベツの一般的な収穫は11~12月。
少しずつ収穫していましたが・・・
キャベツ
ついに、すべてのキャベツを収穫しました!
少し小ぶりですが、6つ収穫!
しばらくキャベツ料理が続きそうです(笑)。

結球が固く締まっていれば、収穫の合図。
大きさ

収穫時は、株もとからハサミやナイフでカット!
キャベツ収穫
今回はうまく結球しないものもありましたが、
それはそれで、葉が柔らかくて美味しいです♪

葉があるので気が付きませんでしたが・・・
根が結構伸びている
思っていたよりも根が長いです!
緑色に、少し紫っぽい色がまざっています。

キャベツの豆知識
とんかつを注文すると、必ずといっていいほど、
添えられているキャベツ。
キャベツの食物繊維がとんかつの脂肪の吸収を抑え、
キャベツのビタミンUが胃腸をまもってくれます。
添えられているキャベツは残さず食べましょう

本日作ったのは、キャベツとベーコンの豆乳スープ。
レシピ
▼小さなキャベツの葉を5枚用意。
▼キャベツを一口大にカットして2分スチーム。
▼耐熱の器にいれて、塩を少々。
▼オリーブオイルを少々。
▼豆乳をいれてさらにレンジで2分!
スープ完成
キャベツの甘みを感じるあったかいスープ。
菜園のお世話は冬になると寒いですが、
カラダが温まります

本日の屋上菜園は・・・
キレイ
昨日設置した防虫ネットのおかげか、
鳥のフンがありませんでしたやった~
気持ちいい朝の始まりです

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

本日、大根をまた1本収穫しました!
大根収穫
太さもあり、立派に育ちました。
上の部分は甘みがあり、
下の部分は辛みが強いです。
真ん中は水分が多く、おでんや煮物に最適!
今回はすべて煮物に使います

ひげ根をチェック!
ひげ根
細いひげ根はありますが、
表面はなめらかです!これは美味しい証拠!
ひげ根が多く表面が凸凹していると、
うまく成長できなかった可能性があります。
キレイな表面なので、楽しみです

『手羽先と大根の煮物』が完成!
手羽先と大根のスープ
輪切りしたほうが上の部分で、
大きめに拍子木切りしたのが下の部分。
鶏のうま味が大根にしみ込んでて美味しい

【作り方と材料】
・だし汁
・しょうが
・しょうゆ
・酒
・はちみつ
を鍋に入れてグツグツしてきたら・・・

・大根(スチーム済み)
・手羽先
・卵(ゆで卵にして殻をむいたもの)
を入れて煮込むだけ!

『刺身こんにゃく(ゆず胡椒風味の酢味噌)』
刺身こんにゃく
酢味噌に先日作った自家製ゆず胡椒をまぜました!

同じタレを、スチームしたブロッコリーとあえて・・・
柚子酢味噌和え
もう1品完成!

おなかが満たされたところで・・・
ネット
鳥害対策!
防虫ネットで囲いました!
鳥だけでなく、虫も予防できそう♪

土日にお世話できないので、実は・・・
月曜日には鳥のフンがたくさん落ちています
これでお掃除がラクになりそうです

野菜をネットで覆ってしまったので、
今度は果物がターゲットになってしまう??
と、不安になり・・・
不知火みかん収穫
不知火みかんも収穫しました!

4つすべて収穫!
不知火みかん
「デコ」があるのは、4つ中1つだけ!
味に差はあるのか、今週チェックしたいと思います!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

もうすぐ2月。
寒くなり、朝方は霜が降りてしまっています。

土から出ている部分が寒さにさらされると、
凍って痛んでしまうことも!そこで・・・
大根
増し土を行ないました!
“首”の部分を土で隠してあげましょう♪

増し土に使ったのは、もちろん・・・
リッチベジタブル 水でふくらむ野菜の土です!
水でふくらむので持ち運びがラクですが、
使い終わって燃えるごみの日に捨てられるのが、
何より便利なポイントですよ♪

イチゴの葉も、寒さで次々と“休眠”状態に
紅葉
このまま放置していると葉が枯れてしまい、
病気や害虫の被害に合いかねません!

そこで・・・
葉をカット
赤くなってきた葉を取り除きました
緑の葉はまだ残しておきます

変色した葉をキレイに取り除いたら・・・
肥料の吸収を高めるスプレー
野菜の肥料の吸収を高めるスプレーで、
栄養補給!
茎葉にまんべんなく全体的にスプレーします
ビタミンCたっぷりのイチゴが実りますように!
イチゴを5~6粒食べれば、
1日に必要なビタミンC摂取量50~60㎎を摂れるそうです。

一方、寒い冬でも元気なスティックブロッコリー。
種を作ろう
現在あえて開花させて、タネの収穫を目指しています!
鳥害のせいで相変わらず葉はボロボロですが、
このまま順調にいけばタネができそうな予感

鳥害対策の“おとり作戦”は・・・
おとり失敗?
失敗してしまったようです。。。

切って置いておいたキャベツの葉は、
萎れて小さく見えますが、
食べられず、キレイに残っていました。
残念

防鳥ネットを設置しても、
網目の隙間からクチバシでつついて食べてしまう鳥たち。
鳥にも効果を発揮するのは、
クチバシの入らない防虫ネットかもしれませんね

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

人工授粉させた実はまだ淡いグリーンですが、
一部、赤く色付いてきたイチゴの葉。
やさいをまもるイチゴ
栄養不足で葉が赤くなっていると思っていましたが、
どうやら“休眠”している模様。

クマなど冬眠する動物がいますが、
作物も冬になると“休眠”するんですね!
赤く色付き、その後枯れるそうです。

枯れた葉は病気になりやすいので、
やさいをまもる病気と虫の予防スプレーをしました!
スーパー等では果物コーナーに置かれていますが、
イチゴは野菜に分類されます。

イチゴが“休眠”してしまうのもそのはず?
ブロッコリーのプランターをチェックすると・・・
霜
霜が降りていました!
ここ最近は、朝方は霜が降りていて、
心なしか作物も寒そうな気がします
イチゴのプランターには霜が降りていませんでしたが、
寒さ対策をしたほうが良さそうです!

昨日あめんこをスプレーしておいたイチゴの葉。
アブラムシ死滅
大量のアブラムシが死滅しています!
100%食品成分からできた殺虫・殺菌剤なので、
初心者も使いやすく重宝しています♪

こちらは、もはや手遅れ?
鑑賞用とうがらし枯らしてしまった
葉がパリパリになり、枯らしてしまいました。
こまめに水やりをして、
自動散水もしていたのに・・・
寒さが苦手な観賞用とうがらしは、
育てるのが難しかったです

一方、寒い冬も元気なバラ
蕾
そろそろ花が開きそうです!
キレイな時期が長く、嬉しいです

本日はソラマメとロマネスコにも・・・
ソラマメをまもる
やさいをまもる病気と虫の予防スプレーを!
病気や害虫に気付いて急いで対処するのですが、
今年は“予防”もがんばりたいです!

最後に、おとり作戦を決行!
おとりキャベツ
既にかなり鳥に食べられてしまっているキャベツ
おとりの食べやすい葉物野菜を放置して、
育てている作物は食べられないようにする作戦です。
(もはや手遅れかもしれませんが…)
効果がありますように

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

イチゴの開花は落ち着いてきましたが、
まだちらほら開花しています。
イチゴの受粉
開花したら、忘れずに人工授粉をしましょう。
綿棒で行なっていますが、
筆などを使うと、よりやりやすいかもしれません。

先日、人工授粉させた実は・・・
イチゴの兆し
なんとなくイチゴになりそうな兆しがっ
きちんと実るようにがんばります!

イチゴは乾燥にも過湿にも弱いので、
水やりが難しいです。
乾燥に弱いのでたっぷりあげないといけませんが、
あげすぎると根ぐされを起してしまいます。

葉を触ってみると、少しカサカサするので、
水やりをしました。

葉を裏返すと・・・
アブラムシ退治
やっぱりアブラムシがいました!
まだ量はそれほど多くありませんが・・・
あめんこ
数が少ないうちにしっかり退治しましょう!
野菜に分類されるイチゴのアブラムシ退治には、
あめんこをスプレーしてしっかり殺虫!

ずっしりと重みがある不知火みかんを、
本日収穫しました!
不知火みかん完熟開始
いますぐ食べたいところですが、
“追熟”させて酸味を抜いて、
甘い不知火みかんを楽しみたいと思います!

ちなみに、
・糖度13度以上
・クエン酸1.0以下
等の条件が揃うと・・・
不知火みかんは「デコポン」と呼ばれるそうです!

とても元気に育っているパセリ。
パセリ
これはモスカールドパセリという一般的な種類。
葉が細かく縮れているのが特徴です。

もう一種育てているイタリアンパセリ。
イタリアンパセリ
こちらは縮れがほとんどありません。
サラダやピザ等に活用できます。

モスカールドパセリをナポリタンにのせると・・・
ナポリタン
見た目が華やかになり、おいしそうです!
料理の脇役になることが多いパセリですが、
栄養は主役級です。

βカロテンやビタミンCが特に豊富!
ピネン・アピオールという物質も含まれていて、
なんと口内の雑菌の繁殖を抑制してくれるそうです!

ランチは、パセリたっぷりナポリタンで決まり

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ