プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

2015年06月

メロンがまた大きくなったような。
1個になり栄養を独り占めした途端に目覚めたプリンスメロン、摘果の重要性を感じます。

15_0902


摘果といえば、かぼちゃの右サイドがまだでした。
7個ぐらいありましたが、そのまま選べず放置していると、根元に近い方から枯れていて、全てカットすることに。
先の方の2個が必然的に残りました。右サイドは大きくなりませんが、摘果したことで、こちらも目覚めるかもしれません。
15_0903


きゅうりが鈴なりです。
15_0904


そして本日は、サトイモの様子をご紹介します。
かなり大きくなりました。某スマホと比べても、こんなに。
15_0905

草も生え、かなり生長したので、土寄せと追肥を行います。

15_0906

15_0907


追肥に使った肥料は?

15_0210
もちろんこちら
リッチベジタブル 野菜の肥料 粒剤

元肥にも追肥にも使える便利な肥料です。





次は枝豆。
これはちょっと手抜きして
「摘心」に関してはこちらを見てください!

枝豆の栽培方法

摘心はしてもしなくても大丈夫です。面倒だという方は、摘心抜きでもちゃんと枝豆ができます。
でももっとたくさん実がつくといいなと思う方は、「摘心」をしてください。
ここを切って大丈夫かなと心配になりますが、思い切りが大事です。これで側枝が出てくるはずです。
15_0913


またレモンに花が咲きました!
先日も咲いた報告しましたが、またです。季節を間違っているのか?
15_0911

左がレモン、右がみかんです。どちらも順調に実が育っている柑橘たちです。
15_0910
 
レモンの実が密集していたので、摘果しました。
ちょっと中を見てみましょう 。

15_0915

レモンの香りはしません。柑橘の苦いにおいだけです。
これ、面白くないから今日のネタにはならないでしょといわれ、せっかくなので載せました。
きゅうりではなく、レモンの断面です。


ごぼうですが、そろそろ収穫のはず。中をのぞいたら
15_0909


掘って確かめたい衝動を抑えきれないのが私たちです。


15_0914

ん?
掘った担当者が言うには、何かできていたということなのですが・・・私には見えず。
不安だけがよぎるのでありました。



本日は、こちらです。
15_0908

収穫物の中の黒い2粒は、ブラックベリーです。
また鳥との戦いが始まりそうです。

15_0912



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

枝豆のおいしい季節ですよね。
ビールと
緑色がまぶしい枝豆は抜群の愛称です。

なのに、屋上の枝豆は・・・
15_0888

これはもう、収穫期を通り越しています。失敗?



助けてMr.イーオー!
 
おいしそうな実ができていたのに、担当が収穫時期を逃したみたいです。どうしましょう?

eo_0006Mr.イーオー 「これはね、枝豆ではなく、大豆を作るんだよ。 」
WEB担当 「名札にしっかり【エダマメ】と書いていますが、間違ったのでしょうか?」

 
Mr.イーオー 「枝豆は大豆だよ。 」
 WEB担当 「??? 今何と?」

 Mr.イーオー 「枝豆が育って、実が膨らみ7~8割のところで収穫したのが枝豆、そこからさらに。枯れるまで置くと、大豆になるんだよ。 」
 WEB担当 「へ~、同じものとは知りませんでした。じゃあ、おつまみに冷奴と枝豆を頼むと、大豆ばかり食べていたってことになりますね。」
Mr.イーオー 「・・・だね。 」
 


それでは、解説。

枝豆と大豆の作り方の分かれめ

■枝豆で収穫したい!
枝豆の収穫は開花後40~50日頃です。実が膨らんでいるか確認してみましょう。実際にサヤをおさえてみて、中の実が飛び出すようになれば収穫の時期です。 株の中央のサヤが十分に膨らんだら、株ごと抜いたり、枝を切ったりして収穫しましょう。

■大豆を作りたい!
枝豆の時点で収穫しないで、葉が黄色くなって全体が枯れるまで待ちます。
サヤを振ると、「カラカラ」と音がするようになったら収穫です。枯れているので水遣りを怠りがちですが、生きているので、水遣りは収穫まで続けてください。
株ごと刈り取って、雨が当たらない、風通しのいい日陰で乾燥させます。乾いたら、大豆の出来上がりです。

枯れているエダマメの中を見てみると、確かに大豆。
15_0887


大豆で何を作るのか?
それは、想像力を働かせてください。ヒントは、

元気に陸稲で育っている、もち米。
15_0893

ますますぷっくりしてきた、小豆。
15_0898

なんでしょう



では、本日の収穫を続けます。
15_0890

あ、傷がありました。
15_0889



これは、ぶつけたかもしれないし、チャノホコリダニかもね。eo_0001
肉眼では見えない虫だよ。実が小さいときに寄生されて傷がつき、実の成長とともにこのように割れたりかさぶたみたいになったりするんだよ。ナスやピーマンによくつく虫だね。
対処法は、水遣りのときに、いつも実を水で洗ってあげるといいよ。 
1度出ると続くので、気をつけて。

水遣り当番に大役です。


左サイドのかぼちゃ、ちょっと枯れてきたような?収穫が近いかもしれません。
15_0894


とうもろこしは2つのプランターで作っていましたが、1つのプランターは受粉がうまくできず、ヤングコーンや手のひらサイズで終わりました、本日残っていた実を全て収穫。

残った期待のプランターは
15_0895

ひげが枯れてきたので、今週収穫できそうです。



本日も大収穫
15_0900


あ、スイカが冷えたようです。試食!試食!

15_0901

水っぽいかな?と思いましたが、皮の間際までちゃんとスイカの味でした。
厳しくすると、ちょっとだけ甘みが少ないので、皆で出した評価は、

    評価 
★★

おいしかったです 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

昨日は夏日、本日も暑いですね。

こんなときは、スイカで水分補給!


Mr.イーオーの家庭菜園で育てている小玉スイカは、屋上と同じ時期に植えて、実の大きさはハンドボールぐらいになり、収穫の合図が出たので切ると、真っ赤な立派なスイカができていたそうです。(屋上の倍の大きさ、さすがです)

そこで、改めて今朝Mr.イーオーに見てもらいました。
すると、「実の上の葉やツルが枯れているから、もう収穫しても大丈夫そうだよ。」ということに。
15_0877

5個あるので試しに1個、 収穫してみました。
15_0878

直径12cmぐらいの小玉スイカです。
 15_0881

早速切ってみましょう。
中が白ければ、早く収穫しすぎたことになります。
黄色ければ、また苗を間違って購入したことになり、WEB担当大喜びです。


おっ、赤い果肉が見えました!
15_088215_0883












15_0880eo_0004

皮が薄くておいしそうなスイカです。香りも甘く、上出来!


ということは、同じように収穫合図の出ていた2個も収穫しよう!
こうなると動きの早い私たちです。

15_088515_0884











勢いあまって、これもと切りかけましたが、矢印の先、まだツルが元気ですね。
これは数日後の収穫です。
15_0886

小玉スイカは残り2個になりました。
 15_0892

先ほど収穫した小玉スイカ、
両方10cmぐらいです。中が気になりますね。
 
15_0897



一番右の列が1番最初に切ったスイカ、左の2列があとで切ったスイカです。
15_0899


小さいですが、大成功。バンザーイ
このまま冷蔵庫で冷やして、後ほどみんなで試食です。




果実といえば、目覚めた「プリンスメロン」。
土日でまた大きくなりました。

金曜は5cmでしたが、今日は7cm!
15_0879

落ちて割れないように、ネットで大事に支えます。
15_0896


野菜も楽しいですが、果物も楽しいですね。実ができるかどうかのスリルと、それが大きくなるかのスリル、収穫時の見きわめスリルと、もうスリル満載です。


スリルで思い出しましたが、「朝顔ジャングル」

15_0876

15_0891

思ったほど咲きません。
水不足で、ジャングルが少し弱体化してしまいました。密集度が軽減されたのでちょうどよかったかもしれません。たっぷり水をあげて、今週の咲きっぷりに期待したいと思います。

 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

実よりもまずは、朝顔ジャングルですよね。
一番目に付く場所にある、扇形を目指す朝顔です。

今日は表面で咲いたでしょうか?
15_0863

ピンクが1つ咲いていますね。
仕方ないので、ジャングルの中から掘り出した花と
15_0864

掘り出せていない・・・そう、これが至難の業で、結局これが限界でした。
下のほうに青紫が2つ。見えますか?




では、今日は実の様子を見ていきましょう。


昨日お伝えした遅れてきたプリンスメロン。
15_0865

ただいま、約5cmです。



左サイドのミニかぼちゃ

15_0866

特に大きさに変化はありません。
すいかと同様、収穫時期に悩みますね。

かぼちゃ収穫の目安は、果梗(かこう)と呼ばれる、実を支えている柄が枯れる頃だそうです。枯れる気配がないので、まだまだですね。



とうもろこしは先日できの悪いものを収穫したので、
15_0868

手のひらサイズよりはもう少し大きなものが収穫できそうです。
ひげが枯れるまでもう少しですね。



次は小豆です。

WEB担当が今一番かわいがっています。

「こまつな?」はどうしたんだという声が・・・
聞かないでください。なぜか、「こまつな?」だけを狙って何者かに食べられる悲劇が
レタスの中に紛れ込ませて植えたはずの「こまつな?」、細い茎1本だけ残して葉が全てなくなりました。
レタスは食べられていないのに、こまつなハンターの出現です。そういえば以前、小豆ハンターがいましたね、それを思うと、

15_0872

こんな状態に小豆が育ったのは、じゃがいもの葉で隠して鳥からガードしていたおかげでしょうか?

さやも、
15_0869

豆の形に膨らんできたと思いませんか?

このさや、
15_0870

こんな感じで最初出てきます。
ピーンとなっているので、茎と間違いやすく、できていることに誰も気づいていませんでした。




お次はきゅうり。休日前には収穫しないとお化けきゅうりが完成します。
15_0873

あれ、記憶ではここに
2本実があったはずなのに・・・まだ大きくなるはずと今日まで見送っていたのに、泥棒~!!!

って、そんな訳ないですね、水遣り当番が採り忘れだと思って収穫してくれたようです。

15_087515_0867


新しい実の準備が、どんどん進んでいるきゅうりです。



本日の収穫は
15_0871

昨日の写真ではないですよ。今朝採れです。


こんなかわいいトマトを発見。こけしちゃんです。喜んで収穫してしまいましたが、これ、まだ熟れてないですねスッパイ
15_0874




 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

昨日はブログをお休みしました。
朝顔ジャングルに花が咲きましたと報告する予定が咲いていなかったので、意気消沈

今日こそは!と思ったら

15_0858

なんて寂しい。 
連続で、朝からまた意気消沈

暑いので帰ろうと思いましたが、ふと、ジャングルの中をのぞきこんで見たところ
15_0861

なんということでしょう、中で咲いています・・・
ジャングル奥地で咲くとは、きれいな花が台無し。
もしかして、昨日も中で咲いていた?

15_0860

葉をかき分けて、パシャ
さすが朝顔ジャングル、一筋縄ではいかないひねくれ者です。
明日こそ、見える場所で咲いてほしいと祈るWEB担当なのでした。(写真を写すのが大変なので)


先日食べたプリンスメロン、もう次の実はできないと思っていました。
直径2cmぐらいの実が、大きくもならずにずっとついていて、大きくならないので摘果しようとしつつそのまま放置していたところ

15_0859

急に1.5倍に大きくなりました。予想外です。
摘果を免れた実が、とうとう、プリンスメロンの自覚に目覚めたか?がんばれ!




この2日間の収穫は
15_0862


安定の収穫物です。

収穫といえば、じゃがいもの収穫を見て、自分も育てたいという声いただきました。
プランターであんなに収穫できたら最高ですよね。しかも、ほぼ手間要らず。
病気と虫には「お酢」をシュシュッでOKです。 (お酢とは?→こちら
味も抜群においしいです。

秋植えのじゃがいも」もあるので、是非挑戦してみてください。

私たちも挑戦予定です。

ここで新コーナー
WEB担当のここだけの話」
~ご家庭でじゃがいもを育てる場合~
じゃがいもの収穫合図は葉が枯れることです。つまり、収穫前のじゃがいもの様子はお世辞にもきれいとはいえません。育てる場所を選んで育てましょう。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ