プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

2015年05月

スイカとメロンは、落下の危険があります。
eo_0004
今回つるを上に伸ばしたため、落下したら破裂して

そこでそうならないように、Mr.イーオーの落下防止作業が始まりました。



いつの間にかスイカがこんなに大きく、スイカらしくなってきました。5cmぐらいの実が3個あります。
15_0600

メロンは、7cmぐらいの実が1個できています。
15_0599


守るための道具は、
15_0598

見たことありますね、キッチンで使用するネットです。このままだと大きいので、カットします。
この中に実を入れ、ビニタイで支柱やネットに固定します。
15_0605

15_0604

日光を浴びる必要があるので、紙などより、このネットが良いそうです。また、実が葉に隠れないように、日光をたくさん浴びるように外に出してください。

こちらメロンです。
15_0603

こちらスイカです。
15_0602


 週明けどうなっているか楽しみですね。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

タイトルは「朝採れ」なのに、アップはこの時間、どうもWEB担当です。

さて、本日は、休日の間に大きくなりすぎないように、収穫できる野菜は収穫します

【大根】
抜きたくてしょうがなかったので、まだ細いかもといわれながら、4本のうちの一番太い1本を収穫しました。
15_0596
真っ白い、立派な大根です!
プランターで大根ができるなんて、すごいですね。

15_0588
残りの3本はもう少し太くしましょう。抜いた後の穴に土を足して、まわりも増し土をしました。

【ほうれん草】
15_0589
もっと大きくするか、サラダで食べられる今収穫するかの2択です。
「今」ということで、収穫していると・・・
15_0595
うわっ、青虫?
おそらく、「ヨトウムシ」の幼虫ではないかとのこと。
もし、2択を間違っていたら、
夜の大食漢に、葉をすっかり食べられるところでした。

【ピーマン】
15_0597
いい大きさになりました。どんどん採れるピーマンは、どんどん収穫しましょう!

【きゅうり】
15_0592
2本、また大きくなりました。こちらも、どんどん収穫しましょう!

【本日の朝採れ野菜】
15_0591

大根は24cmぐらいあります。
ほうれん草、根がないですよね、撮影のためにカットしたわけではなく、収穫時にはさみで根元を切ったからです。

Mr.イーオー「どうしてはさみで切ってるの?」
   担当者「この方がきれいかなと思って」
Mr.イーオー「根はどうするの?」
   担当者「プランターの中で固くなりますね」
Mr.イーオー「そんな収穫の仕方、初めてみたよ」

ということで、根を掘り出すことに。初心者の考えることは「想定外」だらけなのでしょうね、きっと。
15_0590

【実食】
大根に「ス」が入っていなければ、タイミングがよかったということになります。
15_0601

OKです!スの1つもありません。

みんなで食べてみました。
朝採れというものは、「甘い」と思っていた、その先入観が間違いであることに気付くまでに時間はかかりませんでした。
「甘い」いや、「から~~~~い
衝撃的な辛さでした。今でも脳天びりびりしている感じがします(少々話盛りました)。

この辛さはお蕎麦に合いそうだというと、蕎麦を作る話で盛り上がってしまいました。
もし、後日、本当に千代田区産の「蕎麦」を作るという話になったら、そのきっかけはココです。
まさか栽培しないと思いますが・・・もち米も作っているぐらいなので・・・



【鳥被害拡大】
小豆ちゃんの葉がなくなりました。
月曜にはいったいどうなっているのでしょうか・・・あんこがない。
15_0587


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

本日も夏日。水分補給はこまめに!

【にんじん】
にんじんの様子が変わっていました。
15_0577
左は昨日の朝、右の2枚は今朝です。
間引きされ、ウネができていました。eo_0008
うまくいえませんが、畑っぽくなり、きれいになっていました。
にんじんから出る喜びの声が聞こえたのか、屋上に言って一番先に気付きました。
喜び、伝わりますでしょうか?


元気なにんじんの隣では、原因不明の現象が・・・
15_058215_0578


小豆の葉が完全に食べられています。

ちなみに、小豆のプランターの横にあるテントウムシダマシ(ニジュウヤホシテントウムシ)に食べられたじゃがいもの葉は、
15_0581

こんな様子なので、全く形が違います。それに、一口が大きい・・・となると「鳥」!
日々、屋上で鳥の視線を感じない日はありません。あの中に犯人が。
小豆の葉だけが被害にあっているということは、おいしいのでしょうか?


【梅の収穫】
いよいよ、梅を収穫します。
15_0583

葉の中に隠れているため、見逃さないよう何度もチェックし、

15_0586

先日の報告の数「6個」を、無事収穫しました!
重さは、
全部でちょうど100gでした。

では、梅酒の造り方をここでご紹介。

【準備するもの】
  通常 梅6個
1kg 100g
ホワイトリカー 1800ml 180ml
角砂糖 500g~1kg 50g~100g

■道具
  ・保存ビン 通常5Lビン(梅6個だと、300mlぐらいのビンかな?)
  ・竹ぐしか爪楊枝

【作り方】
 1)梅を収穫する(完熟した梅でも構わない)
 2)ヘタを取って、水洗いする
   15_058415_0585









3)洗ったら、青梅は1~2時間、あく抜きのために水につける
  (完熟梅は不要)
4)水分がなくなるまで梅を拭く
5)丁寧に、梅と氷砂糖をビンに交互になるように入れる
6)ホワイトリカーを入れる
7)しっかりビンにふたをして、冷暗所で3ヶ月ぐらい保存する

●保存ビンは、事前にきれいに洗い、熱湯もしくはホワイトリカーで拭いて殺菌してください。


梅酒は、法律の関係で会社では作れません。
屋上製造の梅酒計画は断念ですが、この貴重な梅で、家庭で梅酒を作って晩酌してもらうことにしました。180mlですけど・・・。梅酒担当に、作り方と梅を託します。
3ヵ月後というと、ちょうど夏の終わりの夕涼みの1杯!というところですね。



私は、アスパラガスを収穫。
15_0580

でも、夕方収穫するべきだったと後悔中です。家に帰るまで、新鮮さが残っているかなぁ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

とうもろこしが、とても大きくなりました。でも、雄花が先に成長していて、雌花が追いついていないようです。
15_0573
どれが雄花?雌花?
15_0563
本当は、雄穂(ゆうすい)、雌穂(しすい)というそうですが、ベランダガーデニングにそんな難しい呼び名は・・・雄花、雌花がわかりやすいですよね。私も理解しやすいです。

ということで、雄花と雌花で説明します。
雄花から花粉が落ち、それが雌花につくことで実が大きくなっていくのがとうもろこしです、しかし、もう雄花からは大量の花粉が落ちているにもかかわらす、雌花がとても小さい!

教えてMr.イーオー
種で植える場合、1週間程度遅らせて育てると、もし、雄花が先に育ってしまっても、遅らせて植えた方の雄花が使えるんだよ。eo_0005苗の場合は、何度もお店に足を運ぶのは面倒なので、ちょっと育ちの悪いポットを1つわざと選んで買うなどの工夫をするのが、とうもろこしで失敗しないコツ。

えっ、それ先に言って下さいよ。
去年教えたから、忘れてた。

あとで植えたあっちのとうもろこしを最悪の場合に使いましょうか?
※違う種類で交配すると、おいしくないとうもろこしができるよ。ブログねたとしては面白いだろうけど、とうもろこしの受粉は、必ず同じ品種(種類)のものを使いましょう!

偶然、同じ鉢の中に育ちが悪い株があるので、今回はこれが切り札になるかもしれません。


さて本日は、Mr.イーオーのチェック
eo_0001

【スイカ】
 ・草が生えているから抜く
 ・抜いたら、熊手でちょっと土を耕してあげることで空気が入って良い
 ・下の枯れている葉はカット
15_0576

すっきりしました。
 
孫づるはまだできていないので、とりあえず順調ということで、スイカはOKです。

15_0574


【メロン】
 ・メロンも草を抜く
 ・抜いたら、熊手でちょっと土を耕してあげることで空気が入って良い
 
ん?これは??違うのが伸びているよ。
え?根元から別人?

15_0570

接木の土台になっていた植物をこんなに伸ばしてしまいました。なんと実までついています
見た目同じなので全く気付きませんでした。おそらくカボチャです。

※接木苗を使用される方は、根元から別人が顔を出していないか、確認してください!

そんな失敗はありましたが、今のところメロンも順調、OKです。
15_0575



【ゴボウ】
もう少し間引こう。ということで、10本ぐらいにしました。
15_0572



今回は大きな失敗はありませんでしたね。
・・・・・残念(ブログ担当の心の中)・・・・・・


今日は、あの屋上のアイドルの子供をお見せします。
15_0564


不知火ちゃんジュニアです!!!

去年は、1個だけだった木にたくさんついています。
またあの不思議な形になるでしょうか?









他の柑橘の鉢も今年はがんばっています。
みかんです。
15_0565

そして、レモン!
15_0566
こんな先に実がなるのをご存知でしたか?
これからどうなるのか楽しみな柑橘軍団です。

手入れという手入れは特に何もしていないのに、よく実がつきました。
15_0571

ちゃんと守ってあげないと!

ということで取り出したのは、こちら、
果樹をまもる病気と虫の予防スプレー」です。

お酢シリーズの1つです。 
こちらは、ぶどう酢から作られている特定防除資材です。 

お決まりのリアクション
「お酢くさっ」
は欠かせません。 もちろんにおいはすぐ消えますが、大量にかけるのでしばらく我慢です。




じゃがいもの葉をぼろぼろにした憎きテントウムシダマシ
15_0569

アブラムシを食べてくれる、益虫のてんとう虫のふりをする悪人です。これは、成敗です。







では最後に、本日の「こまつな?」でお別れです。
15_0567

 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

雨が降らないですね。
水遣り当番が、たっぷり水をあげたので私が屋上に行ったときはもう元気でしたが、
今朝はみんなぐったりしていたそうです。

【きゅうり】
金曜にはなかったはずなのに、立派なきゅうりがもうできていました。その上にも2個連なっています。
15_0549

収穫しました!
15_0556

■きゅうり昨年の教訓
土に近い下の葉は、そのままにしておくと病気が発生しやすく、あっという間に全体に病気が広がるおそれがある。そのため、土に触るような下のほうの葉はカットし、風通しをよくしなければならない。

そういえば、1度失敗して、再度植えたことを思い出しました。
金曜に整枝したばかりですが、もう大きくなっている葉をカットしました。


【アスパラガス】
巨木の根元に子分のようにまたアスパラガスができました。
これも食べられる太さです。
15_0555
 
 【ピーマン】
大豊作の予感です。
昨年も嫌になるほど収穫できたピーマン。今年も順調です。
15_0550
 
【もち米】
左があとで直撒きした分ですが、こちらもかなり大きくなりました。
15_0552

【ミニカボチャ】
花ができました。その下に、実らしきふくらみが!何個収穫できるのでしょう?
15_0551

2株のつるを、このようにはわせる予定ですが、うまく思い通りにいくでしょうか?
15_0560

【だいこん】
葉をかき分けると、立派な大根!
ここで、いつ収穫するのかという議論に。今でしょ?いやいや来月ぐらいじゃないか?
見えているだけに抜きたくなりますね。今日はひとまず、様子見です。
15_0553

【ゴボウ】
 よく考えると、ゴボウの葉って見ることないですよね。スーパーでも、大根の葉は見ますが、ゴボウは見ないので、勉強になります。ところで、売っている部分はどんな風にできるのか質問すると、間引きついでに1本抜いてくれました。
この細ーい部分が、太るんですね。ミニゴボウなので、どこまで大きくなるのかわかりませんが、楽しみです。
15_0554

【小松菜】
皆さん覚えていらっしゃいますか?これ!
雑草だといわれながら育て、ハモグリバエやアブラムシにも襲われ、

15_0151

今は、こんな状態。ここまで見捨てないでいたのは、種を取るため!
15_0558

そして、さやを開くと・・・緑。ちょっと早すぎました。
15_0559

次は茶色いのを選んで開くと、紛れもなく種の色です!
種が取れたらもちろん、「植える」ですよね。余っているポットに投下です。
15_0557

名札を作ってくれましたが、・・・なんだか、気持ちこもってます。
15_0562


小松菜に会えるでしょうか?

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ