プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

2014年12月

目覚めてもプレゼントもサンタの気配も無いクリスマスの朝です。

さて、本年 2月よりブログを開始し、屋上のプランター栽培現場をリアルにお伝えしてまいりました
そして、本日が105回目の投稿となります。時々いただくコメントを励みに、役に立つ情報、役に立たない情報を、つらつら書いてまいりました。いかがでしたでしょうか?


では、本日の屋上ものぞいてみましょう。
もう不知火ちゃんもいなくなり、閑散とした屋上なので何もネタが落ちてないのですが・・・
14_0725

先日植えたキャベツが大きくなっています。
14_0726
防虫ネットをしているので、虫にも食べられていません!

では、
寒いから
青虫もいないので大丈夫だとネットをしなかった鉢を見てみましょう。
 14_0727
あ~~~~葉が これは、鳥の仕業です。
いつも狙われているのにすっかり忘れていました、彼らの存在。
やはりネットは大事です!皆さんも、冬だからと気を抜かず、ネットをかけて守りましょう。

冬眠中のアスパラです。水は時々あげています。
14_0730


最後に、季節はずれのお花でお別れしたいと思います。
14_0728
本来は4月頃に咲くはずのブルーベリーが、白い花をつけました。
日当たりがいいのか、どうしちゃったのでしょう
とりあえず、縁起がいいとポジティブにとらえ、本年は終了です。


読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。栽培の楽しさが伝わっていれば、とてもうれしいです。

また来年、屋上のドタバタ劇をお伝えできればと思っています。もとい、耳寄りなベランダ栽培の情報と「アースガーデン」についての情報を楽しくお伝えしたいと思います。

よいお年をお迎えください

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

先日植えたイチゴですが、

Mr.イーオーからの助言
「マルチングにして保温と保湿をしたほうがいいよ。病気防止にもなるから。」

ということで、マルチングをします。

プランターの土を、真ん中を高くして「畝」を作ります。
14_0714

次のようにビニールをかぶせます。
 14_0716

穴を開けて、苗を植えつけます。
14_0717
矢印の先、親株に小さな苗がくっついていますが、これを「ランナー」といいます。走って逃げたりはしません(なぜだろう?寒さが増しました)。
これは、そのまま植えつけて大きくなるまで育てます。ある程度大きくなったら切り離し、独立させます。
 14_0718

風で飛ばないように、周りに土を入れて、これで完成です。
最後にたっぷりお水をあげてください。
14_0719


さて皆さん、
この不知火ちゃんは収穫時だと思いますか?
 14_0720
私たちはとてもとても悩みました。
来週までそのままにしておいた方がいいのではないか、いやいやこの色は間違いなく収穫時だから、今しかないんじゃないかと。


そして出した結論が・・・

14_0721

 今まで耳の姿しか見ていなかったので、デコポンであることを忘れていましたが、
14_0722
この姿、まさに「デコポン」

しばらく熟れるまで置いておいたほうがいいという言葉をよそに、収穫したらすぐ食べたいという衝動が勝り
14_0723

さてその中身は?


14_0724
皮も薄く、おいしそうです。
お味は???


表情を撮っていないのが残念ですが、「ギャー」という刺激的なすっぱさ
でも、耳の形をした方は、、、「おっ」こちらは大丈夫なようです。ということで、私も
「ギャ。待てばよかった。」

いやぁ、何とも最後まで楽しませてくれた不知火ちゃんでした。


 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

いよいよ、アスパラガスの越冬準備です。いやぁ、すでに屋上は冬の寒さ・・・手がかじかんで、鼻水も

大事に育ててきたアスパラガスは、見事に枯れました。
14_069214_0696












支えていた支柱を抜いて、草を抜いた後、
14_0693
根元で切って、ここへ肥料をまきます。コレがお礼肥です。
それから、鉢の大きさに合わせて、株をカットします。
14_069414_0695
どんどんカットして、保温と保湿のためにかぶせます。
14_0697
2鉢とも完成しました!
14_0698
このままでは、風で飛ばされたり、鳥の巣の材料にされかねないので、ネットをかぶせます。
14_0700
これで、アスパラガスの越冬準備は完了です!越冬中も根は生きているので、時々お水をあげる必要があります。来年、たくさんのアスパラガスがニュキニョキと生えますように楽しみですね~

寒いので早く次の作業に。

とうとう収穫しました!レモン。とてもいい色です!
14_069914_0701

お友達の不知火ちゃんは、
14_0702
どこの色を信じて収穫したらいいのか?オレンジ色のところはおいしそうなのに、じらされています。今日のところは「待ち」です。

「苗をいくつか買ってきたんだよ」ということで、植え付けです。
まずは、「小松菜」。このままでもおいしそうなのに植えてしまいます。
14_070514_070614_0707

葉物野菜は虫の大好物なので、必ず防虫ネット!
14_0708

次は「ブロッコリー」
14_0704
のはずでしたが、、、
14_0703
明らかにキャベツの文字!

購入者の言い訳
 「ブロッコリーって書いているところの苗を買ってきたんだよ」


彼には、いったい何が見えていたのでしょうか?

でも気にしません。
14_0709

最後は、「いちご」。
クリスマスまでには、無理ですね。
14_0712

先日植えたキャベツはすくすく育っています。
14_0713

またキャベツが増えたので、屋上がキャベツ畑になりつつあります。

 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

大変長らくお待たせいたしました。掘る掘ると言いながら、様子を伺っておりましたが、
縁起よく金色の三兄弟が揃ったため、本日「イモ掘り大会」決行です
14_0669
 
実況はWEB担当がお送りします。(いつもですが)

ではさっそく、本日の主役の登場です。
14_0670


こちらの3プランターが、秋の実りを「豊作」という形で、師走でなんだか忙しい私たちに一時の安らぎと喜びをもたらしてくれるはずです。

・・・期待をこめてハードル上げておきました
 










これより、開始いたします。まず、①のプランター。
14_0672
14_0671
こちらは、以前ご紹介したドクダミ(訂正:これは、特に秋に花をたくさん咲かせる「ヒメツルソバ」でした。申し訳ございません。)と同居していたプランターです。ちなみに、まだいます。


それでは、抜いてみましょう!それ~~~~???
14_067414_0676
想像とは違う光景が・・・根っこばかりイヤな予感

とりあえず必死に掘ってみると
14_0673

14_0675

歓喜のとき到来です


もっともっと、掘ってみましょう、きっといっぱい獲れるはず。




 14_0677

かなり大きいですが、3本でした。

まだプランターは2つある。
次いってみましょう! 







14_0678

こちらは先ほどのプランターよりも、大きさが1.5倍です。ということは、5個狙っていきましょう。






おっ、すでに土の上には宝の影が!ますます期待。
14_0679
14_0682


しかーし、結局
こぶし大の3個・・・

そんなはずはないと、ほじくり返した結果





14_068314_0684

キャベツの名札とコガネムシの幼虫数匹発見!
(うれしくない






こうなると、3つ目のプランターに対し期待もなくなるもので、どうせまた3個だよという雰囲気が漂っています。
14_0686

上の葉を取ると、おや 密集しています!
14_0688

傷めないように慎重に抜くと、「デカイ」!!!
14_0687
この密集地帯から4本も出てきました。これは他にも?
14_0689

 掘れ掘れ~~~



何やら大物の手ごたえが、「あった~」



14_0690


あっ、ちいさい・・・


オチがついたところで、 イモ掘り大会終了です。







14_0691



3つ目のプランターからは、こんなに立派なさつまいも


じゃがいも(ノーザンルビー)で失敗し、リベンジを誓ったさつまいも担当。リベンジ達成~ということで










今夜はおいしい「焼き芋」を堪能しましょう。

それはちょっとまった

eo_0001早速食べたいのはわかるけど、さつまいもを収穫したら、水がつくと痛みやすくなるので、洗わずに泥がついたまま4~5日新聞紙等でくるんで置いておきましょう。
そうすると、もっと甘くておいしくなるよ。



昔、幼稚園で行ったイモ掘り大会はプロの農園で収穫するのでイモがあることが当たり前ですが、自分たちで作ると、土の中に獲物がいるのかどうかわからないままの収穫なので、なかなかのスリルでした。 

みなさんも、是非サツマイモ栽培にトライしてスリルを味わってみてください 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ