プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

2014年09月

秋晴れの金曜日の朝。

14_0619
「しらぬいちゃん」も思わず鼻歌が出ます。
デコポンの一種ではあるけれど、なぜ耳ができた?とちょっと話題のしらぬいちゃん。 
目が離せません。

お隣のレモンは、対象的に
14_0621
2個あったはずが1個落ちてしまいました。また鳥の仕業でしょうか・・・。

先日の大掃除で、すっかり屋上もきれいになり、
14_0620
 寂しくなりました。

14_0622
太陽で殺菌中の土は次の出番待ちをしています。
そろそろ何を作るか考えないといけませんね。

でも、屋上には、これから収穫を迎えるあの秋の味覚が

こちらです。
14_0624
この葉の形、そう「さつまいも」です。
近々、芋掘り大会開催を予定しています。 
じゃがいものように、ゴロゴロと出てくるといいのですが・・・。

掘るといえば、こちら
14_0623
何だかわかりますか?アングルが悪い?
私もブログを書きながら思いました。上からだとよくわからないな・・・

 ヒント1 
14_0625
土を掘ると、こんなものが出てきます。
わかりましたか?

まだわかりませんか?






 ヒント2 
これで絶対わかります。
14_0626

 そう、落花生です!

初めてこの状態の落花生を見ました。地中にできるんですね。
ではここで、落花生のできる仕組み・・・

花が散ると、そこから子房柄(しぼうへい)と呼ばれる根っこのようなものがぴょんぴょん出てきます。
落花生はこの子房柄の先が土の中で膨らんで実となったものです。
そのため、土に入れてあげる必要があります。
外に飛び出しているものは、プランターの中に戻してあげましょう。
14_0627
 
こんな感じで土の中に入っています。
14_0628
 
こちらも来月ぐらいには収穫できそうです。

収穫の秋、実りの秋です

そして、ついつい秋限定スイーツに手が伸びる季節です。食べすぎには注意しましょう!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

土の再生をしますと何度か書いていたのですが、結局先延ばしになっておりました。
さすがに、プランター野菜も枯れ、
14_0608
こんな屋上になっていたため、本日決行いたしました!

土の再生の手順は、7月14日のブログで 紹介していますが、日が経ってしまったため再度ご紹介。

 【土の再生方法】
 1)
レジャーシート等のシートの上に土を広げ、2~3日乾かす。
 2)ふるいをかけて、根やゴミを取り除く。
 3)腐葉土を加える。
 4)ビニール袋(透明)に入れて、封をして1週間程度、太陽熱に当てる。(殺菌)
 5)石灰を入れて混ぜ、2~3日置いておく。 

さて作業を始めましょう!
でもその前に、ヤブ蚊対策
14_0609
 広範囲に一気に拡がるように、5連縦長ワイド噴射になっています。うまく5本写ったので、ご紹介しました。

茂みなどにヤブ蚊が潜んでいるので、作業前に庭木周りや茂みにスプレーしておくと、ヤブ蚊を駆除して8時間寄せ付けなくします。ピンクの缶はバラの香りです。 商品名は「ヤブ蚊のいない庭を作るスプレー」。ズバリ、そのままの名前です。 (※屋外専用)


では開始~~~

レジャーシートをはり、そこへプランターをひっくり返して土を出します。
14_0614
底石は、端に避難させましょう。
ここで、袋に入れていることが功を奏します。袋に入っていないと分別が大変ですよね、これだと、簡単に取り除くことができます。
 14_0612
根や草、ゴミなどは取り除いてください。
14_0613
土をほぐしてください。
14_0617

ここで石灰を投入。これで除菌します。手順と異なりますが、週末は雨、来週は台風の可能性があるため駆け足作業です。
14_0611
土を買った時の袋を残しておくとまた再利用できます。袋自体が丈夫なので、土の再生を考えている方は、土の袋は捨てずに保管しましょう。
袋に土をつめて、口を縛ります。袋に入れたまま、日光に当てて太陽熱で殺菌すれば終了です。
また野菜や花作りに使えます。
14_0616

さて、終了したプランターを撤去した屋上はどうなったでしょうか?
14_0615
左から、花、野菜、果樹とコンパクトにまとまりました。

屋上菜園の大掃除と土の再生終了です。

最後に
14_0618
どうしてもやりたい衝動に駆られ、不知火に目と口を書いてみました。なんて手抜きな顔だろうと思いつつ、新しいキャラが生まれそうです。屋上のマスコットです
(パソコン上の画像処理であり、実際の不知火に書いたわけではございません) 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

8月26日に実施し、不安の中でのナスの切り戻しでしたが、Mr.イーオーの英断でズバズバっと切ったその後をお伝えします。

花が咲き
14_0602

実がなり
 14_0603

新しい芽に新しいつぼみ!!!
14_0607
eo_0004
これは間違いなく、大成功です 
さすが、Mr.イーオー 





そのイーオーが驚いたものが、こちら
14_0604


不知火に耳ができました。
赤いのはたまたま私が撮影したときに入り込んだ何かです。(なんだろう?)

ネコみたいなみかんになりました。先日まではただゴツゴツでかわいくなかったのですが、すっかり虜です。
このまま、オレンジ色のネコに育つといいのですが。 乞うご期待です







14_0606
キウイもなっていました。
いつ収穫でしょうか?最初は2個実ができたのですが、1個は落ちてしまったそうです。

最後に、久々のアスパラガスです。
14_0605
枯れ始めました。来年の準備が着々と進行中です。

来週はお天気がよければ屋上の大掃除をします!
では、よい週末を!あっ、3連休ですね。
 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

きれいな花はいつかは枯れてしまいます

シコンノボタンのような一日花 は、どんどんきれいな花が咲きますが、それと同時に枯れた花が日々増えます。
この枯れた花を放置すると、見た目も悪いですが、病気の原因になります。
そのため、 枯れた花(花がら)は、早めに取り除きましょう。

この作業のことを「花がら摘み」といいます。 
シコンノボタンだけではなく、チューリップも、日々草も、パンジーも、どんな花も同じです。

では早速!
14_0599

14_0600

本日の収穫です。
14_0601

これで、シコンノボタンの平和は私の手で守られました


は、大げさですが。
花の手入れもガーデニングの楽しみのひとつですね。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

久しぶりに気温が上がりました。
14_0595
屋上の緑がまぶしいです。

きゅうりも輝いていますが、完全に終了のお知らせです。
14_0596
 
先日切り戻ししたナスはどうなったでしょうか?
14_0592
とてもイキイキしています
14_0593
花もたくさんついていて、実にもツヤが
不安な切り戻し作業でしたが、これは成功かな?

こちらはオクラです。花がきれいです。こんなところに実ができるんですね。
14_0594

 お盆前にご紹介したみかん「不知火」ですが、ますますゴツゴツしています。もう少し実がなるといいのですが。この1つだけのようです。
 14_0597

こちらのつるつるしたのは、レモンです。
14_0598
 
さて、今日は日差しが強いのでここまで

玄関の様子も見てみました。
シコンノボタンがたくさん咲いたので、華やかさアップです
14_0590
14_0591

最後に商品紹介!
どうしても鉢植えを置くと不快な虫が寄ってきますよね、そんなときは「植木鉢・プランターに虫こないシリーズ」プランターに挿している緑のものがそれです。わかりますか?目立たず虫よけできます。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ