プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

2014年03月

おはようございます。

週末は桜が一気に開花しましたね。
ということで、屋上にもうれしい変化があるのではと、ワクワクしながらじゃがいもの様子を見に行きました 


一番手「とうや」です。
14_0069
 芽がますます大きくなっています。
 勢いあります。

そして、芽が出ていなかったほかの種類は?

まずは、「ノーザンルビー」 。
う~ん。目を凝らして・・・あ!!!ちょっと土の色と同化しているのでわかりにくいですが、明らかに芽です。
14_0070 

この矢印の先、わかりますか??
海草みたいな色の小さい芽。
タネイモのときも赤かったですが、芽も赤いみたいです。
2個のうち片方だけ出ていました。
これはきっと、Mr.イーオーのタネイモのほうです。 


最後に、「キタアカリ」。
タネイモから芽が出るのは、「とうや」と同じだったのに、すっかり先を越された「キタアカリ」がちょっと心配です。祈る気持ちでプランターをのぞくと、、、土だけです。もっと、よーく見ると、土の中に芽らしきものが!
14_0071



矢印の先です!
緑の芽、発見しました。で、ちょっとだけ土から出るお手伝いを・・・土をちょっとほじって

 



3種類、無事に芽が出ました。
タネイモから芽が出て喜び、土から芽が出て喜び、じゃがいもって楽しいですね。
皆で、芽が出た出たと、月曜の朝からいい気分です。

皆さんのお宅のプランター栽培も順調ですか? 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

本日は2度目の投稿です。

キャベツを夕方植えました。

14_0063

レタスより青々として、しっかりした葉っぱです。

 






14_0064
プランターにあらかじめ土を入れていたため、すっかり固くなっているので耕します。

キャベツは2つ植えるので、2~30cm間隔をあけて 植えます。







eo_000114_0065

キャベツは下の葉のギリギリまで、軽く深植えしてください。

 




14_0066
苗を入れるための穴を掘り、土をかけ、土を抑えます。
完成です。

いや、もうひと手間ありました。
キャベツは害虫による被害が多いため、寒冷紗(かんれいしゃ)で害虫を防ぎます。

※寒冷紗とは、防虫・保温・日よけを目的とした布です。

14_0067




寒冷紗をかけて、手芸用のゴムで止めて、余った裾をプランターの下に巻き込んで、風に飛ばされないようにして完成です。



 

では最後に、本日のじゃがいもの状況をご報告。
14_0068
「とうや」の芽がとてもいい感じです。
仲間のじゃがいもたちも、休み明けに芽を出しているといいのですが・・・

では、良い週末を! 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

昨日の続きです。

レタスを植えます。
14_0055

はい、こちらがレタスの苗です。
とてもみずみずしい葉っぱです。 







14_0056
プランターに植えて終了です!
隣が空席なのは、苗が1つしか売ってなかったからだそうです。

次は、にんじんです。
 14_0057


にんじんは、種から育てます
 




14_0058
たっぷり水を含んだ土に、スコップ等で線を入れます。
「筋まき」です。

eo_0002
「筋まき」は、大根やごぼう等の根菜で用いられるまきかたです。
土に直線状に筋をいれ、溝を作ります。そこに、種を指でつまんでパラパラとまきます。その際、種がかたまらないように注意してください。芽が出てくると間引きしながら育てます。
 


14_0059
教えに習って、筋まきし、土をかぶせて終了です。

14_0060


たっぷり水をあげましょう!

ここで、「毎日水やりをする必要があるので、土日も誰か出てね」
悪魔の指令か??
 
場が凍りついたとき・・・


「は、できないので、
保温と保湿のための簡易ハウスを作りま~す!」
土の乾燥を防ぐことで、毎日の水やりを回避できます。

全員「ほっ

用意するものは、不織布とゴム(手芸用)です。
 14_0061
ちょっとプランターより大きめに不織布を切り、ゴムで止めます。
余った裾をプランターで押さえます。

14_0062
完成です!
にんじんとレタスが、簡易ハウスにおさまりました。

パセリ担当がぼそっとつぶやきました「パセリは・・・」

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

心配していた雨も何とか上がりました。
屋上はとても寒いですが、私たちは盛り上がっています。

こちらが、パセリの苗です!さあ、植え付け開始です。
 14_0051

手順はじゃがいものときと同じです。
14_0052

パセリの大きさに合う鉢を用意し、底石用の軽石をネットに入れ鉢の底に平らに敷きます。
そして、培養土を入れます。
(ちょっと素敵な手袋です。)

14_0053
ポットから苗を出します。
底の穴から押し出して、やさしくとってください。
2つあるので、大体こんな感じで、あとはたっぷり土をかけます。

14_0054

パセリ終了です!

と、ここで、ギャラリーからキツイお言葉。
「これもう食べれるよね?」



がーーん
確かに、誰がどう見てもパセリです。
パセリ担当の顔が・・・暗い。

でも、これからどんどん大きくなるようなので、あっと言わせましょう!

明日は、この続きの、レタスとにんじんをご紹介します。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

おはようございます。

桜の開花宣言が続いていますね。
東京も25日に出されましたが、今朝はちょっと肌寒い雨です。
夕方は植え付け作業の予定なのに、できるのかちょっと心配です。

作業した場合は、またブログでご紹介したいと思います。

東京の開花宣言の日、屋上の桜も???ではなく、プラムがきれいに咲いていました。
14_0050

(3月25日撮影)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ