プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

種まきの際、注意してみてほしいのが発芽率とまき方。
水に浸しておいたものを使ったほうがいいタイプもあるので、
種のパッケージを確認してみてくださいね。

【バジルの種まき】
バジルは播種前に水にひたすのがポイント
こちらは、過去に栽培していたバジルからとった種。
(2016年08月31日のブログ『バジルの種をとる』をご参照)

時間が経ってしまいましたが、ちゃんと発芽するんでしょうか…。
一晩、水に浸しておき、発芽率を高めるひと工夫!
こちらを播種して、発芽と収穫を目指します

バジルの種を購入した場合は、
パッケージ裏面の有効期限内であれば、
わざわざ水に浸さずとも発芽すると思いますよ。

【おかひじきの種まき】
おかひじき発芽
おかひじきは、アカザ科オカヒジキ属の一年草の野菜。
海藻のヒジキに似ていることから、この名前がついています。

播種から1ヵ月くらいで間引きながら収穫できるようです。
5分ほど茹でて、おひたしや酢みそ和えでいただくのがおすすめ。
すぐに収穫できそうなのが嬉しいですね

水に1~2日浸してからまくと、発芽がそろいやすいとのことなので、
浸した種を準備しました

【バジル&おかひじきの種をバラまき】
バジルの種まき
それぞれのプランターに、種をバラまきするだけ。
最後にガーデニング用のネームプレートをつけましょう

本日は、これから旺盛に成長していく春野菜に追肥。
色々な野菜・果樹・花に使えて便利な『オールスターエキヒ』。
春の液肥
N:P:K=6:12:5。
植物の三大栄養素のチッ素、リン酸、カリがバランスよく配合され、
マグネシウム、微量要素も入っています。
標準倍率を参考に希釈し、株元に散布しましょう。
水やりついでに使いやすい1本です。

一季なりイチゴには、『オールスターエキヒ』。
四季なりイチゴは収穫期間が長いので、液肥と粒剤の併用がおすすめ。
リッチベジタブル 野菜の肥料 粒剤』を株元にパラパラまきます。

液肥をあげたら、今度はアブラムシ対策の『やさお酢』。
アブラナ科やマメ科の野菜は、この時期、特に注意です!
やさお酢
こちらはシャキシャキミズナ。
散布前に水やりは済ませておきましょう。
100%食品成分なので、収穫直前まで使えちゃいます

シャキシャキミズナ(左)とサラダバーネット(右)を収穫。
収穫
サラダバーネット、実は初めて食べます
その名の通り、サラダに使えるハーブ野菜。
バラ科の多年草で、5~6月頃花が咲くそうです。
こちらもアブラムシがつきやすいので『やさお酢』を散布してます。
キュウリのような香りがしますが、どんな味がするんでしょうか?

収穫したアスパラガスとレモンと共にいただきます
採れたて野菜サラダとお味噌汁
キュウリの香りがしますが、、
味はあまりクセのない、美味しいハーブ。

スチームした採れたてのアスパラガスをトッピングしたのですが、
甘くてすごく美味しい!爽やかな香りと味が広がります

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
害虫や病気、薬剤に関しても説明しながら、
プランター栽培に関して記載していきますね

昨年12月初旬に種まきしたスナップエンドウ
鳥害を乗り越え、冬の積雪に耐えて・・・
1間引き前
元気に成長中です

発芽後、本葉が出てきた頃に、1回目の間引きをしました。
積雪時、幼い苗のほうが寒さや雪に耐えやすいです。

種まきが早すぎて大きな苗に成長していた場合は、
寒さ対策をしてあげましょう。

今回は2回目の間引き。
(もう少し早めにしてあげてもいいかもしれません)
2間引きの際は土を押さえる
6株のうち、半分を間引きして、3株にします。

間引きのコツ】
茎がひょろひょろとしている小さい株を間引きます。
引き抜く際、隣の株の根にダメージを与えないよう、
土をおさえながら、株元を持ち、ゆっくり引き抜きます。

既にしっかりと根が張っていました。
3隣の株の根を傷めないように注意
元気に育ってくれてひと安心。
残した株は、さらにひとまわり大きく成長しています。

間引きが完了!
4間引き完了
日当たりのいい場所で管理しているので、緑も濃く、元気!

【エンドウを育てるときのポイント】
●日当たりのいい場所で育てる。
●水はけのよい土を使う。
●土壌が酸性に傾かないようにする。
●4~5年連作しない(立枯病・苗立枯病に注意)。
●害虫・病気に気を付けて管理する。

不思議な模様の葉を発見葉を裏返すと・・・
ハモグリバエ
やっぱりいました…ハモグリバエ!
葉の中に小さな虫がもぐり、食害しながら移動するこの虫。
葉っぱに白い線を描くので、「エカキムシ」という別名もあります。
食害した線の先に幼虫がいるので、1つずつ潰していきます。

数が多いようなら、薬剤の利用を検討してみてください。
スナップエンドウは、さやえんどうに分類されるので、
アブラムシ類とハモグリバエ類に適用がある『オールスタースプレー』がおすすめ。
浸透移行性により、スプレーをかけた箇所だけでなく、
植物全体に効果が広がっていくので便利ですよ

もう少し成長したら支柱を立てる時期ですね。
こまめにチェックして、収穫量UPを目指して頑張ります

大きく成長した不知火(しらぬい)ミカン。
縦に伸びていますが、よく見ると葉が少し枯れてきました。
不知火みかんの植え替え
どうやら、しばらく植え替えをしていないせいで、
根詰まりを起こしてしまっているようです。
(雑草もすごいですね…)

水をあげても、なかなか土が入っていかない…
そんなときは根詰まりのサインです。

先日アスパラガスを植え替えしたので、
もともとアスパラガスを育てていたひと回り大きな鉢を活用します。

まずは、ミカンを収穫!
今年は小ぶり
数はそこそこ収穫できましたが、
摘果を控えめにしてしまったせいか、
昨年に比べると果実が小さめです。
今年こそ、勇気をもって摘果したいです!
摘果する際は、葉30枚につき果実を1つ残します。

続いて、雑草をとり除き、
鉢から出して、ビニールシートの上に置きます。
取り出す
枯葉もとって、
土の上のほうも取り除きます。

鉢に軽石を敷いて、その上に土を入れ、根鉢をセット。
増し土と土寄せも実施
さらに、予め準備しておいた培養土を用いて、
増し土・土寄せを行ないました。
株のまわりにP(リン酸)が豊富な『トマトの肥料 粒剤』をまきました。

だいぶ葉に元気がありません…。
元気がないときに植え替えをするとさらなるダメージになり、
致命傷になってしまう場合もあるので、
本来はここまで元気がなくなる前に植え替えをします…

春まき・春植えした野菜たちは順調に成長中
ラディッシュ発芽
ミックスラディッシュ。この季節は3日くらいで発芽します。
間引きが大変にならない程度の量、すじまきしました。

こちらはシャキシャキみずな。
シャキシャキ水菜
水菜はアブラムシがつきやすいので要注意!
そろそろ、予防的に『やさお酢』を散布しておきましょう。

まだ小さいですが、イチゴも色付いてきました。
イチゴ
収穫するにはまだ糖度が足りなさそうですが、
鳥たちに見つかって食べられるのも嫌で、
意外と難しいのが収穫のタイミング。
どうしても食べられたくない場合はネットを活用するのも1つの手です。

あたたかく成長が旺盛な時期になってきたので・・・
オールスターエキヒ
最後に『オールスターエキヒ』を与えました。
元気のない果樹には、与えすぎないように注意!
規程よりもごく薄く希釈して与えましょう。

それ以外の作物には規定濃度の500倍くらいに希釈。
濃くしたからといって効果が上がる訳ではないので、
きちんと計量して使ってくださいね

このページのトップヘ