プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

シソ科シソ属 1年草である大葉(しそ)。
花が咲き終わり、
実が黒くなる前にすべて収穫しました。
実を収穫
奥が葉の部分、手前が実の部分です。
大量に収穫できたので、
長期保存すれば、少しずつ使うことができますね。

まずは収穫!
収穫
花が咲き終わり実がたくさんできている大葉を、
株元にハサミを入れて、収穫!
実と葉の部分を分けて、それぞれ保存します。

紫蘇の実は、よくお刺身などに添えられていますね。
「穂ジソ」とも呼ばれます。
大葉の実をとる
片手で支えながら、
もう一方で押し出すようにすると、
ポロポロと簡単にとれますよ。

注意点
実がたくさんある場合、
アクのせいか、指が黒くなってしまいます。
ビニール手袋を着用すると良いかもしれません。
手が黒くなった場合はなかなか石鹸でも落ちませんが、
ぬるま湯で何度も洗うと汚れが落ちやすいです。

お刺身に添えられているときは、
片手で支え、利き手でお箸を持ち、
お醤油小皿に移すのがマナーのようですね。

香りによって食欲がわいてきますが、
食中毒を防ぐ効果も

長期保存の方法は色々ありますが・・・
麺つゆをいれるだけ
今回は「紫蘇の実の醤油漬け(本だしつゆ使用)」に!

煮沸消毒した瓶にあく抜きして水気をふきとった実を、
しょうゆまたは本だしつゆに漬けるだけ。
冷蔵庫で保存すると、長持ちします
しその実しょうゆ漬け
良い香りが広がり、食欲がわいてきます!
この他、塩漬けなどもおすすめですよ。

葉をとっていると・・・
ウワバ
とてもキレイな色の「ウワバ」を発見!
ぷっくりとしていて可愛らしいですね。

幼虫は腹脚が2対になっていて、
シャクトリ歩きをします。

大量発生することは少ないのですが、
成熟幼虫は食欲旺盛です。

シソ科の他、アブラナ科やキク科によく発生し、
マメ科、セリ科、ウリ科、ナス科など、
幅広く食害するのが特徴です。
早めに駆除すると被害が小さくてすみます。

ちなみに収穫した葉は、洗って水をふきとり、冷凍庫へ
冷蔵保存する場合は、
水につけておくと痛みにくいですよ。

ご覧ください
つやつやの茄子
この光るようにツヤツヤしている茄子(なす)
なかなかの収穫量になりそうな予感です

なかでも大きな実を本日収穫
ツヤツヤの茄子
手にとると、ずっしり重みがあります。
家庭菜園をしていると、
ツヤがないものができることもありますが、
ちょっとしたコツがあるのです。

ツヤツヤの茄子(なす)の育て方。
それは・・・

①水をたっぷり与える
②元肥と追肥で栄養補給する
たったそれだけです

ツヤはあるのに・・・
茄子のおしり
おしりにキズがあるものがありました
アザミウマ
・チャノホコリダニ
など、色々な可能性が考えられます。
こちらも摘果してしまいましょう。

こんな模様の虫を見つけたら・・・
テントウムシダマシ
テントウムシダマシです。
益虫のてんとう虫に似ていますが、こちらは害虫。
よく茄子(なす)も食害するのでご注意を!
階段状にかじるので、今回は違う“犯人”のようですね。

茄子(なす)は“肥料食い”と呼ばれるほど、
肥料をたっぷり必要とする野菜の1つ。
野菜の肥料の裏面
リッチベジタブル 野菜の肥料 粒剤』を、
1株につき15g、月1回のペースで追肥します。

フタが計量カップになっていて・・・
計量ラクラク
手も汚れません!
株の周りにパラパラとまき、水やりをしました。

そろそろ大葉(しそ)も終わりなので・・・
収穫野菜
収穫して、久しぶりにお料理(所要時間3分)

【作り方】
▼茄子(なす)を一口サイズに切って、塩もみ。
▼大葉はみじん切り。実もとって、あえます。
▼昆布つゆ、酢でさらにもんで、完成!

大葉の香り豊かなさっぱりした浅漬け。
茄子と大葉の浅漬け
茄子は低カロリーなので、
ダイエットにもぴったりです

うどんこ病に掛った人参(にんじん)は・・・
うどんこ病改善
やさお酢』の効果ですっかり元気に!
本日は金曜日。
土日はお世話できないので、予防的にスプレー!
退治と予防、両方に使えるので本当に便利です

本日片付けをしていたら、
うにょうにょと動く、気持ち悪い虫を発見・・・

閲覧注意!

(苦手な方はここでブログを閉じてください…)

これくらいなら・・・
小さいまいまい
可愛らしいんですけどね

まるまると太った・・・
太ったなめくじ
ナメクジがいたんです。
6~7㎝くらいでしょうか?結構、大きくなっていました。

特に4~6月に多く発生し、
真夏にいったん落ち着き、また9~10月増えます。

昼間は潜んでいて見つけづらく、
夜になると活発に活動するので、
この時期、ナメクジとヨトウムシには注意したいです。

それでは良い週末を~

バラと言えば、ガーデニングで人気の花。
育てている方も多いのでは?
肥料をあげているので花もたくさんつきますが・・・
バラの株元の雑草
株元の雑草もすごい勢いで成長してしまいます
「バンカープランツ」といって、害虫の天敵を集めるため、
戦略的におとりとして植物を育てる方もいらっしゃいます。
(私の場合は雑草を放置していただけ…

結論、雑草はもちろん駆除したほうが良いです。
放置した雑草のカタバミが・・・
カタバミのハダニ
ハダニにやられてしまいました。
そして、そのハダニバラの葉へ移動。
バットスパイラルです。

元気がなくなった葉は・・・
チュウレンジハバチの幼虫
食害されてボロボロに・・・。
まだ小さいですが、おそらくチュウレンジハバチ
身体の割にたくさん葉を食べます。
スターガードプラスAL』をスプレーするのがおすすめ。
初期段階で駆除すると被害も最小限に。

雑草はこまめに除去しましょう。
キレイに取り除きました
キレイにしていると病害虫の被害も拡大しにくいです。

花がら摘みも忘れずに。
バラの花がら摘み
トゲが刺さると痛いので、ゴム手袋を装着。
薬剤散布のときにも使うようにしましょう。

収穫も終盤に差し掛かっている大葉(しそ)には・・・
ベニフキノメイガ×大葉
ベニフキノメイガと思われる害虫が!
こちらも初期段階で発見できました。

続いて、ラディッシュを間引き
ラディッシュ根元を押さえる
元気なほうの株を残し、
抜くほうの株元を指で支えながら抜きます。

その後・・・
土寄せ
残したほうは、土寄せしてあげましょう。
根の露出と、株が倒れてしまうのを防ぎます。

作業をしていると・・・
久しぶりの害虫
またまた虫に出遭いました…。
ムカデの赤ちゃんでしょうか?
9Fの屋上にどうして発生するのか、不思議。
でも実は結構でます

秋もよく害虫に遭遇してしまいますが、
こまめにお世話して、
元気な作物を育てていきたいですね

このページのトップヘ