プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

昨年はブロッコリーやロマネスコを育てたので、
今年はカリフラワーの栽培にチャレンジ!

花蕾がオレンジ色の「オレンジブーケ」、
花蕾が紫色の「バイオレットクイン」、
カラフルなカリフラワーの苗を用意しました!

まずは、土を準備!
土の準備が完了
▼前日までに『水でふくらむ野菜の土』を準備。
▼各15g計量した『野菜の肥料 粒剤』を用意。
▼シャベルを使い、元肥として土に混ぜ込みます。
▼土の準備が完了したら、植え付けスタート!

【カリフラワーの育て方のポイント】
①多肥性の野菜なので肥料切れに注意
②乾燥が苦手なのでたっぷりと水やり
アオムシヨトウムシの被害に注意

【植え付けの手順】
カリフラワー植え付け前
▼中央に深さ20cmくらいの溝をつくります。
▼ポットから優しく取り出し、植え付けます。
▼苗が倒れないよう、根元の土を軽く押さえます。
▼鉢底から流れるくらいたっぷりと水やりして完了!

アブラナ科のカリフラワーは、
アブラムシの被害にも遭いやすいので・・・
やさお酢で予防
やさお酢』を予防のために散布しておきました。

同じく、『やさお酢』を散布して育てている茄子(なす)。
茄子の収穫2個目
肉厚に成長しています。
この秋、3つ目の茄子を収穫しました。

こちらは、コールラビ(品種:グランドデューク)。
コールラビ全体
種から育てていますが、
手前は少し元気がありません

手前の苗は・・・
コールラビの葉が黄化
このように下のほうの葉が、黄化しています。
もしかして、肥料切れのサイン?

そこで・・・
オールスターエキヒ
速効性が高い液体肥料『オールスターエキヒ』を与えました。
定期的に追肥して、元気な作物を育てたいです。
先日寄せ植えした花にも与えて、
本日の作業は完了です。

まだ少し早いですが・・・
ちょっと季節はずれの植え替え(ミニバラ)を実施。
(かなり植え替えをしておらず、窮屈になってきたので…)

その前に、害虫探しゲーム

アブラムシハダニの他、
バラにつきやすい害虫といえば、
バラゾウムシなどもいますが、
今回はチュウレンジハバチを発見しました

難易度高めです。
ハバチ①
どこにいるか分かりますか?

害虫を探すときのコツは、
食害された箇所を中心に、近くの葉を見ます。

ちょっと難易度が高かったでしょうか。

続いて、難易度ふつうの画像。
ハバチ②
先程の画像をかなり拡大しました。

小さい幼虫は、葉と近い緑色をしているので、
なかなか見つけにくいですね。

よく見ると顔を出しています。

正解は・・・
ハバチ③
激しく食害された葉の裏側。

まだ1㎝ほどの幼虫ですが、
葉を1枚すべて食べつくすほどの勢いです。
3匹ほど見つけて駆除しました。

バラの大敵チュウレンジハバチを駆除するなら、
スターガードプラスAL』がおすすめ。
アブラムシ、うどんこ病、黒星病にも効くので便利です。

いよいよ、植え替えスタート!
バラの植え替え
①まずはひとまわり大きな鉢を用意します。
植え替えのときは、鉢の高さを計算しながら、
土の量を計算しましょう。

②続いて、花の土を準備します。
水でふくらむ花の土』に、
元肥として『花の肥料』を混ぜ込みます。
吸収しやすい鉄分を豊富に含んでいるので、
花の数、色つやがアップしますよ

③古い鉢からとりだし新しい鉢へ。
向きを考えて植え替えをしましょう。

④株が安定するように土寄せ。
植え替え完了です!

土の準備のワンポイントアドバイス
粒剤は細かすぎないほうがおすすめ
元肥や追肥の際に使用する粒剤は、
粒が細かすぎないものを選びましょう。
粒が細かいほど、
根に直接触れやすくなってしまうためです。

植え替え時の根のワンポイントアドバイス
根がはる
茶色い古くなった根は適度に切って整えますが、
このように白く、キレイに根がはっている状態であれば、
そのまま植え替えが可能ですよ。

植え替え時の土のワンポイントアドバイス
空気を抜いて根が伸びるように土づくり
根と新しい土の間に空気があると、
根が伸びづらいので、
隙間をしっかり埋めるように、
棒などを使ってしっかり土を詰めていきます。

最後に、
底から水が出るほどたっぷり水やりをして、
植え替え完了!

のびのびと成長してキレイな花が咲きますように

人参(にんじん)の3度目の間引きをしました。
人参の間引き
7月中旬に種まきしたのですが、
間引きが遅すぎるので、成長も遅いですね…。

【通常の間引きのタイミングは?】

①発芽が出そろい、双葉が開いた頃
まずは2cm間隔に1株になるように間引きをします。

②本葉が3~4枚ほどの頃
3~4cm間隔に1株になるように間引きをします。

③種まきから約60日、本葉5~6枚の頃
株間10cm程度になるように間引きをします。

本来はもう収穫できても良さそうな時期ですが、
間引きを控えめにしてしまったり、
今回のようにタイミングが遅いと、成長も遅くなります。

そして・・・
人参の害虫
株が密集していると、害虫にも気付きづらいです。

器用に包まっていました。
人参の葉と糸にくるまれた虫
よく見ると葉も随分と食害されています。
葉の食害が進むと光合成が上手にできず、
これも成長が遅れる原因に・・・
皆さまも“間引き不足”にご注意ください!

間引き後は・・・
間引き後の追肥も忘れずに
追肥土寄せを忘れずに!

プランターの容量1Lあたり1gを目安に、
リッチベジタブル 野菜の肥料 粒剤』を、
株から離れたプランターの淵の土に混ぜます。

にんじんは、日が当たると緑化してしまうので、
しっかりと土寄せしてあげましょう。

間引き野菜は捨てずに、スティック野菜に
先日作った「紫蘇の実の醤油漬け」も活用して・・・
ごはん完成
本日の朝食が完成!
紫蘇の爽やかな香りが広がり、美味しかったです。
ごちそうさまでした

用意するのは、こちら。
材料
・紫蘇の実の醤油漬け
・豆腐(今回は絹)
・茹でたオクラ
・かつお節
・ごはん
・じゃこ

【作り方】
作り方
みじん切りしたオクラに、
豆腐と紫蘇の実の醤油漬けをあえて、
かつお節をトッピングして一品完成!

ごはんも紫蘇の実の醤油漬けとじゃこを入れて
まぜるだけで完成!
間引き人参も、スティック野菜でいただきました

おなかが満たされたら・・・
もう一仕事。

屋上菜園のお掃除と水やりをしていると・・・
ミント食害の犯人はだれ?
めずらしくミントの葉が食害されていました!
フンらしきものも落ちています。

近くを探すと・・・
エダシャク発見
活発に動くエダシャクを発見!
昨年はアスパラがヨモギエダシャクに食べられましたが、
ミントは珍しいです。

すごい勢いで食べるので、見つけ次第駆除します。

最後に・・・
いただいたお花の苗を寄せ植えしました。
花の寄せ植え
【寄せ植えの手順】

①鉢またはプランターを準備
鉢底ネットを敷き、鉢底石を底から2㎝ほど入れます。

②土の準備(元肥を混ぜます)
花の数、色つやがアップする肥料、
『リッチフラワー 花の肥料 粒剤』がおすすめ。

③レイアウトを決定
ポットごと仮置きして配置を決めます。

④植え付け
高さのあるものから順番に植え付けましょう。

⑤整理
隙間ができないように土をいれ、たっぷりと水やりします。

カラフルな寄せ植えプランターが完成しました

このページのトップヘ