プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

本日もきゅうりを収穫し(もう写真すらありません)。
ピーマンが何故か1個落ちていたという報告がありました。

で、涼しくなった夕方に、屋上に行ってきました。
水やり後だったので、野菜たちがキラキラしていました。

おや?
14_0432
とうもろこしのひげが!!!
取ってしまいました。大丈夫なのかな?
大丈夫だそうです。これから実が大きくなるそうです。
で、待ちきれないのでのぞいてみました。
14_0433
 実はできてそうです。大きくなるといいですが・・・

大きいといえば、緑のままのパプリカです。
14_0435
私のげんこつと同じぐらいの大きさのものが、5つぐらいできています。
でも、全て緑のままです。う~ん。
ついつい大きい実ばかり目が行っていましたが、ふと上から見ると
14_0437
小さい実もできていました。ピーマンに負けず、よく育っています。 

14_0438
柿?に見間違えそうですが、黄色いトマトがまた色づきました。あと少しで収穫です。
そういえば、担当に味の感想を聞き忘れました。それはまた次回。

収穫ばかりだと、ブログとしては楽しくないですね。
ということで、サツマイモと落花生を植えます。

14_0434
サツマイモは、苗を買ってきたら、右の写真のようにポットのまま生長させます。
40~50cmぐらいまで伸びたら、茎の部分を切り取ってこれを植えます。

落花生は、苗を植えました。
14_0439

 
では最後に、にんじんの様子をということで、ちょっと掘ってみました。
14_0436
 細~~い。つぼ押し用の棒ぐらいの太さです。(表現が悪いでしょうか、これしか浮かびませんでした)

間に合うかな~ 

ところで皆さん、この時期は虫よけが必需品です。
刺された私は自社製品を使わなかったことを猛省中です。
こんな便利なものもあるのに、ヤブ蚊のいない庭をつくるスプレー
かゆい 

中玉トマトの1株の調子が悪く、20日のブログに、黄色い変なトマトができていると報告しましたが、なんと、黄色いトマトができる品種でした。失礼いたしました。
14_0426
 しかも、病気だと思っていたものは、肥料のやりすぎが原因で、そのために葉が黄色くなっていたようです。長雨のおかげで肥料が薄まり元気になりました。
この黄色いトマト、触ると柔らかいので、もう熟れているだろうと収穫しました。
トマト担当さん、味はどうだったのでしょうか?
14_0427
 
もう片方の中玉トマトの株も鈴なりに赤いトマトができているので、こちらも本日収穫です。
ハサミを使っていると、「トマトは手できれいに取れるよ」という声。
やり方を見せてもらうと、確かに、ヘタの上の茎を折ると、簡単にきれいに取れます。
トマト担当も
14_0428
成功しました。
トマト狩りで習得したそうです。トマト狩りなんて初めて聞きました。色々な体験スポットがあるんですね。

次はピーマンです。
ピーマン担当は今夜のおかずに5個狙っていたようですが、
14_0429
結果は4個でした。立派なピーマンです。
まだまだ実が育っているので、今後もピーマンはどんどん収穫できそうです。

次はきゅうりです。背が180cmを越え、支柱から飛び出しています。ということで、
14_0430
左写真のハサミの部分をカットし右写真のようにしました。
これは摘心(てきしん)です。主枝(親づる)を切ることで、子づるが伸びて花が咲き実を増やします。
きゅうりに子どもがたくさんできているという話を先週末しましたが、これでまだまだ増えそうです。

14_0425
ちなみにその子どもたちは、こんなに大きくなっています。

14_0431
今日は3本収穫しました。

ピーマンもきゅうりもいつまで収穫できるのでしょうか?
こんな小さなプランターで、本当に驚きです。 

さて、お休み前の収穫です。
本日も「ナス」です。

先週末に3本収穫したので、1つのプランターからそんなに次から次にできないだろうと思っていましたが、
14_0419

のぞくと、左の株にも右の株にもたくさん実がついています。
14_0418
 ナス担当が大きいのを丁寧に収穫し、
14_0420
本日はなんと、5本です
14_0421
先週のナスは、おいしい肉味噌炒めになったそうです。さて、今夜は何になるのでしょうか?
まだまだ小さなナスが次から次にできています。
プランター栽培でこれだけ収穫できたら、自給自足も夢ではなさそうです。
 
「あ、痛いっ」ナス担当の叫びです。
原因はこれ、
14_0422
あっ、絶妙なタイミングで足を出した人が!これは足です。これではなく、気を取り直して
14_0423
わかりますか?右に薄く飛び出ているのがトゲです。
ナスのへたには、このようなトゲがあるので気をつけてください。
きゅうりが痛かったり、ナスにトゲがあったり、育てないと気づかないですよね。新鮮さの痛みは心地よいです。いや、とても痛いです。

最後に「キャベツ」。
14_0424
ほれぼれする美しさです。そのため、モンシロチョウがたくさん寄ってきていたそうです。「へ~」と聞き流しましたが、とっても危険な兆候でした。モンシロチョウが来たということは、産卵した危険があるということ。つまり、青虫が出るかも
無事に収穫をむかえたいです。

虫といえば、先日のブログでお伝えした、キャベツを狙っていた、葉っぱが大好きな「セマダラコガネ」も他の葉の上にいました。
14_0417
これは捕殺しないといけないと言っていたのに、放置しているのかな?

ではなく、ただ単に逃げられたそうです。
コガネムシはコロンと下に落ちて身を隠すそうです。私がこの写真を撮ったあと、探したらもういなかったそうで、逃げ足の速い虫です。
葉っぱが食べられてしまう前に、次は確実に捕殺しなければ。

ではまた来週。 

このページのトップヘ