プランター菜園をやってみよう!『会社の屋上』
収穫を目指す”会社員の熱き戦い

屋上菜園で様々な作物を育てている私たち。
野菜や果物には、収穫してすぐいただくのが美味しいものと、
追熟させたほうが甘かったり旨みが増したりするものとあります。

サツマイモは2週間くらい追熟させるのがおすすめ!
サツマイモづくし
●約2週間追熟させたサツマイモ
●とれたてのピーマン(完熟した赤ピーマン)
●とれたてのシュンギク(間引き野菜)
●コカブ(間引き野菜)
を活用してお野菜たっぷりメニューをいただきました。

①サツマイモごはん
作り置きしておいた「シソの実の醤油漬け」も活用しました。

②大学芋
サツマイモ料理の定番!甘いお芋がさらに甘くなりました。

③サツマイモとピーマンのきんぴら
赤ピーマンはほんのり甘いので意外にも好相性でした。

④サツマイモとクリームチーズのサラダ
今回はレーズンバターも入れてアレンジしてみました。

⑤白和え
間引いたシュンギクを活用!葉が柔らかく、えぐみもあまりなくて美味しかったです。

⑥コカブのお味噌汁
こちらも間引いたものを活用!葉の部分も残さずいただきました。

⑦柿(カキ)
ヘタが緑で、果実にへばりついて隙間の少ないものが美味しいのでおすすめです。

ピーマン、シュンギク、コカブは採れたてを活用しました。
間引き菜とピーマン
葉物野菜は採れたてをいただくのがおすすめ!
収獲して洗って数分後にいただけるのは、家庭菜園ならではですね!

少し肌寒くなってきましたが、アブラムシはこの時期も発生するので、
100%食品成分の『やさお酢』を予防散布しておくのがおすすめです

大きくなってきた『どでかカリフラワー』の苗。
どでかカリフラワーの成長
日当たりの良い場所で管理しましょう。
葉っぱが増え、下葉も大きくなってきました。

葉も元気そうですが、葉裏をチェックしてみると・・・?
どでかカリフラワーの葉裏の卵
米粒型で、サイズは米粒より小さい卵が点々と産みつけられています。
卵の色は薄い黄色です。

【拡大写真】
黄色い卵
少し時期が遅いですが、モンシロチョウの卵でしょうか?
孵化して幼虫が生まれると葉っぱを食べられてボロボロになってしまうので注意!
孵化する前に、セロハンテープ等でペタペタとっておきましょう。
アブラナ科の野菜は虫たちにも好まれやすいので入念なチェックが欠かせません。

初挑戦の「子宝菜」も元気に成長中!
1105子宝菜
スクスク育っていますが、こちらもアブラナ科の野菜なので注意!
虫の被害がないか、チェックします。

葉の表だけでなく、裏側もしっかり確認しましょう!
子宝菜の葉裏で誕生
赤い丸で囲った部分は、黄色い卵。
赤い四角で囲った部分は、黄色い卵から孵化したばかりの黄色い幼虫が!
うにょうにょと動いています・・・

私は虫が苦手なのですが、このくらい小さければまだ大丈夫
初期に気付けて良かったです!収獲を目指してがんばります

皆さまも虫や鳥に注意してくださいね

2018年も豊作だった屋上菜園!
10月31日はハロウィンということで・・・
実はカボチャじゃない
収獲した野菜たちがハロウィン仕様に大変身
野菜アートで可愛らしくなりましたよ

でも、野菜をよくみてみると・・・あれ?
何か気付きませんか
そうです、実は・・・カボチャがいません

今年はカボチャの受粉に失敗してしまったので、
主役となっているのは屋上菜園で収穫できたスイカです
(写真のスイカは9月に収穫して10月初旬に撮影)

↓受粉に失敗したカボチャを撤去する様子
カボチャ受粉失敗
花はついたものの、
上手に受粉できなかったようで、収穫できませんでした…。
来年はカボチャを収穫できるよう、リベンジしたいです!

ピーマンは何個とれたか分からないくらい豊作でした!
ピーマンの収獲
緑のピーマン、赤いピーマン、グラデーションが綺麗なピーマン・・・
すべて1株から収穫できました。
赤いピーマンは、果実が赤い品種ではなく、緑のピーマンを完熟させると赤くなりますよ。

ここでワンポイントアドバイス!
ピーマンを赤く完熟させるのは、収穫期の後半にやるのが吉!
赤いピーマン
青ピーマンよりも甘みの強い赤ピーマン、
完熟させた赤いピーマンを作ると株が疲れてしまいます。
ピーマンを長く収穫したい場合は、
開花後2週間頃、実の大きさが5~6cmの頃に収穫しましょう。
赤ピーマンにするのは収穫期の後半がおすすめです

➔ピーマンの育て方はこちら

豆知識:美味しいピーマンの見分け方
美味しいピーマンの見分け方
左のピーマンと、右のピーマン、
美味しいのはどちらのピーマンでしょう

ヒントは・・・ヘタのカタチに注目!
スーパーや八百屋さんでもぜひヘタに注目してみてくださいね。

どちらも収穫してすぐに撮影したので、果実もヘタの色もキレイです。
ヘタがみずみずしくて、変色していないのは新鮮なピーマンである証拠!

そして・・・
ヘタが6角形以上だと甘くて美味しいピーマンだと言われています。
よく見ると、左のピーマンのヘタは6角形ですが、
右のピーマンは5角形で、6角形になりきれていません。

というワケで、正解は左のピーマンでした
左のピーマンのほうが、果実もツヤツヤしていますよね。

最後に、サツマイモの収獲も報告!
芋ほり
サツマイモやジャガイモなど、芋類は畑のイメージがあるかもしれませんが、
プランターでも意外とできちゃうのでおすすめです!
ちょっと小ぶりですが、たくさん収穫できました

サツマイモの収獲方法と食べ頃は?

<収穫方法>
芋ほりをする際、芋を傷つけないように手で優しく土を掘り返しましょう。
収獲は、葉が少し黄色くなりはじめてから。晴天時の午前中に行ないます。
収獲したら午前中いっぱい日に当てて乾かしてください。

<収穫したサツマイモの食べ頃>
収穫から時間を置き「追熟」させるとでんぷんが糖分に変わり、甘みが強くなるそうです。
現在、紙にくるんで室内で保管中!収獲から約2週間で食べ頃を迎えます。
サツマイモの試食がいまから楽しみです。

カボチャはないけれど、私たちの屋上菜園では様々な野菜でにぎわっています。
皆さまも楽しいハロウィンをお過ごしください

子宝菜(こだからな)という野菜をご存知ですか?
子宝菜
角田ナーセリー様のキャラクター「つのたん」イチオシの野菜だそうです。
市販ではなかなか購入できないようなめずらしい野菜を育てるのは、
家庭菜園(私たちの場合は会社菜園?)ならではの醍醐味ではないでしょうか

子宝菜は、アブラナ科の野菜で、
蕗の薹(ふきのとう)のような見た目のわき芽と、葉を収穫・食用できます。
アスパラのような食感で、少しピリッと、辛味があるそうです。
私はまだ食べたことがないので、収穫がとても楽しみ

子宝菜の育て方
秋植えすくすく
プランター栽培の場合30cm幅以上の鉢に1株。
2株植える際は幅60cm以上、深さが25cm以上ある深めの大型野菜用プランターを使いましょう。

今回使用した土は、ココヤシ原料の野菜の培養土。
元肥として『アースガーデン リッチベジタブル 野菜の肥料 粒剤』を混ぜ込みました。
株が大きくなってきたら、株元に土寄せしてください。

11月下旬~12月くらいは大きな葉を収穫し、2月頃になったらわき芽を収穫します。
葉をすべて収穫すると光合成できないので、収穫はバランスを見ながら行いましょう。

わき芽ができはじめたら固形肥料に加え、液体肥料を週1回与えます。
肥料切れに注意して、たくさん収穫したいですね!


レタスの育て方

育てるのは、極上レタス3種(グリーン/レッド/バラ咲き)。
こちらは、極上レタス(グリーン)です。
極上レタスグリーン
パリパリした食感で、サラダにオススメのレタスとのこと。
苗はまだフリルが少ないですが、
成長していくにつれ、写真のようなフリルができていくんでしょうか。

こちらが、極上レタス(レッド)。
極上レタス
サニーレタスのような葉色ですね。
どちらもパリパリ食感が特徴とのこと!おすすめの食べ方はサラダだそうです。

そして、こちらはバラ咲きのレタス!
バラ咲き
半結球のバラ咲きのレタスが収穫できるそうです。
数株植えると、食べられる上に華やかさもある菜園になりそうですね

レタスの苗の土づくりや植え付けは、子宝菜とほとんど同じです。
キク科のレタスにもアブラムシが発生しやすいので注意!
中央部分の新しい葉が出てくる箇所にアブラムシが隠れていないかチェックしましょう。

定植時に元肥を施し、4週間後に追肥しましょう。
苗の植え付けが適期より少し遅れてしまいましたが、
12月くらいに収穫できればと思います!

現在、屋上菜園ではカリフラワー(品種:スノークラウン)を栽培中ですが、
今回は新たに『どでかカリフラワー』が仲間入りしました。どでかカリフラワー
一般的なカリフラワーの花蕾の大きさは10~15cmくらいでしょうか。
苗の大きさは普通のカリフラワーとあまり変わりませんが、
どでかカリフラワーは花蕾の直径が約40cmになるとのこと!
収獲が楽しみです

カリフラワーは9月末に植え付けし、結構な大きさに成長していますが、
どでかカリフラワー』はまだ植えたばかり!
今後の成長スピードに期待です

苗を植え付ける際は、根鉢を水に浸して、根が活着しやすいようにしましょう。
根鉢と土の間にすき間ができないようにしてくださいね。
上手に植え付けできても、定植直後はアブラムシ等の害虫がつきやすいので注意
やさお酢』をスプレーして、発生前の予防をしておきました。

このページのトップヘ